多重債務の整理をするための知識と事前準備

債務整理の相談を無料でするうえで知っておいたほうがよいこと

 

個人再生や自己破産などの債務整理をすると決めたら
弁護士に相談する前に知っておいた方がいいことがあります!

 

【個人再生の場合】

 

1)高額な弁護士費用がかかる!

 

弁護士への費用額は30〜60万円ぐらいかかります。
分割払いを了承してもらえる場合も多いので、
弁護士事務所に相談してみましょう。

 

2)手続き期間は長期になる!

 

個人再生は債務整理の中でも最も複雑で時間がかかります。
弁護士に依頼をしてから裁判所に確定されるまでは
半年から1年ぐらいはかかると思っておきましょう。

 

3)再生計画に従って3〜5年かけて支払いを行う!

 

ほとんどは3年間での返済計画を立てられ、
それに従って支払いをきちんと行っていくことになります。
どうしても収入が少なくて3年間でのの返済が困難だとか、
比較的財産があって清算価値が高くなるとか、住宅ローン特例を
利用するとかの場合に限って5年の特例が認められるようです。

 

4)安定した収入が無いと個人再生は無理!

 

事情があって働けなくなり、返済ができなくなった場合、
このままの状態では、個人再生の申し立ては認可されません。
安定した収入があればアルバイトでも可能です。

 

5)預金口座が凍結される恐れがある!

 

借り入れがある銀行に、給与振込、公共料金の自動引き落とし、
住宅ローンの引き落としなどを行っている預金口座がある場合、
個人再生をすると預金口座が凍結されてしまう可能性があります。
借り入れのない他行へ変更する方が望ましいでしょう。

 

6)これ以上引き落としされないようにする!

 

すぐ先に支払い予定がある場合、引き落としできないように
口座に残高を無くしておく方が賢いやり方です。
ただし、家を残したいなら住宅ローンはしっかり払っておきましょう
自動車ローンもどうしても必要な車だったら支払っておきましょう。

 

 

【自己破産の場合】

 

1)同時廃止ならば総費用額は安い!

 

財産がほとんどなくて同時廃止となるならば2万円程度です。
財産がある場合は50万円〜予納金が必要となります。
さらに、弁護士に依頼する場合には
弁護士費用が20〜30万円はかかります。
弁護士事務所と分割払いの契約をするといいでしょう。

 

2)手続き期間は平均6ヶ月!

 

同時廃止ならば一番早く済みますが
一般的には6ヶ月から1年程度かかるようです。

 

3)家をすぐに追い出されることは無い!

 

自己破産によって家を売る場合、すぐに追い出されるのか?
と心配する方もいますが、家が売れるまで待って欲しいと
伝えておけば、そのような事態にはなりません。

 

4)99万円以下なら現金も持てる!

 

新たな一歩を踏み出すための資金としてある程度の
現金を持つことも認められています。
家具や電化製品もよほど高価なものでなければ
手元に残ることになります。

 

5)本人以外の名義なら自動車にも乗れる!

 

自動車は本人名義のものならば自動車の査定額が
20万円以上か年式が6年以内ならば差し押さえられます。
ただ、その自動車が本人名義以外の場合は
そのまま自動車に乗り続けることが可能です。

 

 

【個人再生・自己破産共通】

 

1)クレジットカードは使用できなくなる!

 

債務整理を申し立てた事実はクレジットカード会社にも通知します。
その時点でクレジットカードは没収、使用できなくなります。

 

2)弁護士には借金理由を隠さずに言う!

 

主な理由はなんであるかは弁護士に陳述しなければなりません。
家族に知られたくない秘密の理由でも弁護士には言いましょう。
そして家族には秘密にとお願いすれば配慮してくれるはずです。
 
3)取り立てのストップは弁護士が受任してから!

 

借金の取り立ては、弁護士に相談しただけではストップしません。
弁護士に正式に依頼をし受任されれば、早ければ2〜3日で、
各債権者に連絡され、それからは督促の電話は全てストップします

 

4)債務整理を得意分野としている弁護士を選ぶ!

 

弁護士さんにも得意、不得意はあると思います。
債務整理は借金関係に強い弁護士さんに依頼すると良いでしょう。
また、家族にバレたくない、住宅ローンがペアローンである、
など家族への配慮が必要な場合は特に、本人の希望に
きちんと対応してくれる弁護士を探すようにしましょう。

 

 

債務整理と聞くと何だか大変な事のように思いがちですが
実際には非常に事務的に、機械的に進む手続きです。
揃えるべきものが揃っていると、以後はトントンと進みますから
安心して専門家であるの弁護士】に任せておきましょう。

 

債務整理の強み専門家別ランキング

※多重債務から救ってくれる信頼できる先生です。

債務整理の相談を無料でするうえで知っておいたほうがよいこと記事一覧

債務整理の無料相談って本当に無料なの?

あなたが債務整理に苦しんだ結果、いよいよどこかに相談に行こうと決意したとしましょう。相談先は地方自治体が行っているものから、弁護士会、司法書士会、法テラス、個人事務所が行っているものまでと様々ですが、調べていると、無料相談という文字が目に付きます。この無料相談に行けば本当に無料で行ってくれるのでしょ...

≫続きを読む

 

債務整理の相談はどこに頼むと救われるの!?

敷居が低いぶん問題点も?自治体の無料法律相談債務整理に陥ってしまい、いつまで経っても借金返済のメドが経たないような状況になったとき、あなたならどうしますか?私だったらまずは無料相談に行くと思います。無料相談ならそんなに構えなくてもいいような気もしますし何と言っても無料ですから、費用の面では安心です。...

≫続きを読む

 

最初に債務整理の相談に行くときの心得とは?

どこかへ債務整理の相談に行こうと決めた場合、たとえそれが自治体の相談窓口でも、弁護士会や司法書士会への相談であっても、持っていくべきものと把握しておく事柄があります。以下に、最初に相談に行くときの心得を紹介します。・クレジットカードは全て持っていく。クレジットカードだけでなく、クレジットカード会社の...

≫続きを読む

 

多重債務を救ってくれる!法テラスの相談窓口

多重債務などの借金問題を扱っている法テラスは最初に訪れる相談先として最適です。というのも、いきなり法律事務所に行こうと思ってもどこが良いか?の判断って難しいですものね。愛想の良いところがいいのか?キレイな事務所だといいのか?そういう問題だけでは無いように思えますし…。相談料がかかってしまうかもしれな...

≫続きを読む

 

多重債務を整理するための弁護士・司法書士選び

多重債務を整理したいと思ったら、弁護士や司法書士に相談することになります。では、いったいどのような弁護士や司法書士に相談したらいいのでしょう?以下に弁護士・司法書士捜しのためのポイントを紹介します。・地方自治体が運営している相談窓口がおすすめこれは安心感という点では絶対でしょう。いきなり見ず知らずの...

≫続きを読む

 

多重債務を抜け出す…現状把握のための一覧表

現在、社会問題にもなっている多重債務。多重債務に陥ってしまうのはどうしてでしょう?借金が返せない状況だった場合、まずは期限の迫った目の前の借金を何とかしなくてはいけないと思います。そうなると、他の金融機関なり消費者金融なりで新たに別の借金を作って補おうとします。そして、その繰り返しの結果、気が付いた...

≫続きを読む

 

多重債務の無料相談★質問される10項目

初めて多重債務の無料相談へいく場合、最初に予約日を決められて、その日時に30分とか1時間とかいった時間だけを無料としますという流れになるでしょう。30分や1時間ですよ?そんな短い時間で全ての質問ができるでしょうか。こちらからは聞いてみたいことはたくさんあるはずです。しかし、向こうからも聞きたい質問が...

≫続きを読む

 

債務整理の無料相談…ある41歳主婦の借金の理由

私は小さな事務所を構える女性弁護士です。色々な事例を取り扱っていますが、特に女性からの相談が最近は増えています。意外と多いのは借金問題。今日の午後の予約は41歳の主婦の方でした。旦那さんに内緒で作ってしまった借金が膨らみ、パートの収入では返済が追いつかなくなってしまった。どうしよう…というものです。...

≫続きを読む

 

やっぱり頼れる!法律事務所の債務整理の無料相談

多重債務で悩んでいる友人がいます。その友人は、なんとか今の現状を解決してほしいと思い、はじめは自治体が行っている無料相談へ行きました。ところが、せっかくの無料相談も無駄だったと言うのです。その理由を聞いてみると、自治体の無料相談の弁護士はやっぱりボランティアという感じで思っているのかあまり真剣に取り...

≫続きを読む

 

借金が返せなくなったら…まずは地域の債務整理の法律相談へ

借金が膨らんで、思うように返済出来なくなったという人は、早めに何らかの処置をした方がいいです。近いうちに確実に大きな収入があるのならばいいですが、実際には、借金で首が回らなくなっているのになんとなくやり過ごしている人も多いかもしれません。借金問題を解決するといえば、債務整理です。でも、債務整理って何...

≫続きを読む

 

個人再生をするためのいろいろな無料相談先

個人再生をしたいと考えた場合、まずは弁護士や司法書士に相談してみるのがいいでしょう。とはいっても、どこの法律事務所にいけばいいのか分からないですし、料金もかかるとなれば、二の足を踏んでしまうところです。そんなとき、無料相談を受け付けているところがあったら、そのようなところに出向いていって、話を聞いて...

≫続きを読む