自己破産 相談

自己破産したら戸籍に載る?結婚相手にバレる?

 

過去に自己破産をしたことがある友人がいます。
そんな彼も今は新たな仕事に就き、真面目に働いています。
このたび、めでたく結婚をすることになったのですが、
彼は過去に自己破産をしたという事が気になっています。

 

その過去は結婚相手には話していないし、
できれば話さずにおきたいと思っているそうです。
しかし、そうやって秘密にしていても
結婚を機にバレるのではないか?と心配しています。

 

自己破産をしたことが戸籍に載っているのではないか?
結婚の際に書類を取ったらバレるんじゃ…?
なんてことを不安に思っているのです。

 

自己破産をしたことは戸籍には記載されません!
戸籍謄本や戸籍抄本を取り寄せたとしても一切
そのような過去は記載されませんので安心してください。
もちろん、他の結婚の際に必要な書類を取り寄せても
自己破産の過去が載っていることはありません。

 

じゃあ自己破産ってどこにも記録が残らないのか?
というと、残念ながらそうではありません。
自己破産の過去は「個人信用情報」に記載されています。

 

個人信用情報とは、ローンを組むときやクレジットカードを
作るときの審査において使用されている個人情報です。
個人信用情報の中身は、氏名、生年月日、住所、電話番号、
勤務先などの他に、今までのローンやクレジットカードの
申込み状況、借り入れ状況、返済状況が記されています。
そして、自己破産などの債務整理状況も登録されます。

 

この個人信用情報が結婚相手の目に触れることはまずありません。
本人でさえも取り寄せの手続きをしないと見られないものです。

 

ですが、結婚後にローンを組む、クレジットカードを作るという
事態になったとき、もしかすると審査に通らない可能性があります。
そうなるとなぜ?と相手は不審に思うかもしれませんね。

 

自己破産の場合は7年〜10年ぐらいは個人信用情報に残る
と言われています。もしもそれほどの期間が経っていないのなら、
ローンやクレジットカードは利用せずに一括で支払う、
自己破産の記載が消えるまでローンやクレジットカードは
利用しないという方法に徹しましょう。

 

債務整理の強み専門家別ランキング