個人再生 相談

ズバリ解決!個人再生で救われるための知識と手順

 

突然ですが、借金で苦しんでいるあなた!
個人再生というものをご存知ですか?
借金からあなたを救えるかもしれない制度なので
一度詳細を調べてみる事をお勧めします。

 

個人再生とは2001年4月1日から開始された新しい制度のもので、
最近になって認知度が上がってきています。

 

自己破産との大きな違いは、
自己破産はそれまでの借金が全額免責になりますが、
個人再生では自分の収入を基準として
これから先の3年間の返済計画を立てて返済が実行出来れば、
残額の返済が免除されると言うものです。

 

例えば、300万円の借金があったとします。
収入を基準に考えて、この先3年間で200万円の返済計画を立てて実行
出来たとすると、残額の100万円の返済は免除されるのです。

 

個人再生のメリットは、住宅ローン特則を利用すれば
住宅などの資産を処分されずに済む点でしょう。
住宅ローン特則とは、住宅ローンの返済スケジュールの
見直しが行なえるものです。
返済額の減額は行われませんが、毎月の返済額を少なくする事が可能です。

 

また、免責不許可事由がありませんので
借金の理由がギャンブルなどでも利用可能である制度なのです。

 

ただし、個人再生にはいくつかの制約があります。
それは、負債総額が5000万円以下が対象となっている事や
将来的に継続した収入が見込まれる状況である事
などが条件になります。

 

詳しくは、個人で悩むより弁護士に相談する方が良いでしょう。
あなたも自己破産宣告をする前に一度考えてみませんか?

 

債務整理の強み専門家別ランキング

個人再生の相談記事一覧

早い話、、個人再生ってナニ?

個人再生。あんまり耳慣れない言葉ですよね。私も全く分からない制度なのでちょっと勉強してみました。2001年から施行された新しい制度で、持ち家があり住宅ローンを支払っている人向けの借金返済の制度らしいですよ。簡単に言うと、様々な理由で借金を背負ってしまって返済が出来なくなった時に裁判所に申し立てをする...

≫続きを読む

 

個人再生のメリットとデメリット

個人再生って、自己破産よりもメリットがあるっていうけれど、実際に、どんな部分で得をするんでしょうね?まずは、借金の全額を支払わなくてよいってことがあるよね。全額どころか、20%ぐらいの金額でOKだったりしますからね。それは、個人の借金の額とか、資産の額によるみたいですけど、各自、最低弁済額っていうの...

≫続きを読む

 

個人再生の費用はいくら?

個人再生を行うと、手続きが複雑で長期にわたるため、依頼した法律事務所への手数料はそれなりにかかるって話です。では、実際にどんな場合にどれくらいの手数料がかかるのでしょう?個人再生にかかる手数料は、借金の金額や、債権者数、住宅の有無、地方などによって異なってきます。とはいっても、この条件だとこれだけの...

≫続きを読む

 

個人再生で解決するための流れと手順

個人再生の手続きをするにあたって必要な書類は数多くあります。一般的に、以下のようなものが必要書類となります。・借入先全ての企業名、住所、連絡先・全ての借り入れ金額・借金の発生した日時と使い道・10万円以上の換金価値があるブランド品や電化製品などの有無・住宅ローン契約書、住宅ローン償還予定表・通帳、銀...

≫続きを読む

 

個人再生の「家計収支表」の内容はコレだ!

個人再生の場合の「家計収支表」を紹介します。それぞれの裁判所によって多少の違いはありますが大体似たような感じなので参考にしてみてください。尚、収入も支出も同居している家族全員分を記載することになります。収入の項目(当てはまるものを記載する)・給与(申立人と配偶者とその他の同居者の分)・自営の収入(申...

≫続きを読む

 

個人再生の免除額と賢い返済計画

個人再生って借金の一部を支払わなくてよくなるって方法ですよね?だったら、実際には、どれだけの借金の金額を支払うことになってどれだけの借金の金額が免除されるのかって気になるところです。ズバリ、個人再生でどれくらいの借金が免除されるのかを金額別に見てみましょう。まず、借金が100万円未満の場合は、その借...

≫続きを読む

 

裁判所で個人再生が不認可とされる9つのパターン

個人再生の手続きは、裁判所に申し立てさえすれば、 全ての人が認可されるというわけではありません。確率は低いですが、まれに不認可とされるパターンもあるのです。個人再生の手続きはとても難しくて時間もかかる手続きです。 せっかくそのような手続きを取ったのに、不認可と決定されると それまでの苦労が全くの無駄...

≫続きを読む

 

個人再生で住宅を残すための賢いやり方

個人再生の場合は、ローンが残っているマイホームでも、 そのまま残すことができるというのが、最大の強みです。逆に、自己破産だとマイホームを手放すことになりますからね。これは、「住宅取得資金特別条項」によって住宅ローンだけは 特別扱いとなって、今まで通りのローンの支払いを続ける事によって マイホームを残...

≫続きを読む

 

会社にバレたり、家族に迷惑がかかるの?(官報・・・)

個人再生の手続きを行うと官報に載ります。官報とは、国が発行している新聞のようなものです。法律や政令の制定や改正、裁判内容が掲載されています。官報に掲載されるのは、事件番号、氏名、住所、決定の日時、決定の内容、破産管財人氏名、債権届出等の期間、次回期日の内容・場所、管轄裁判所です。そして、個人再生をし...

≫続きを読む

 

フリーターや契約社員でも個人再生は適応されるの?

個人再生の手続きをしたいと思ったら、まずは継続的に安定した収入があることが条件となります。では、どんな職業に就いていたら個人再生の許可がおりる、または、おりやすいのでしょうか。個人再生の場合、申立書に過去2年分の所得証明書や 源泉徴収票を添付する必要があります。それによって、今までの収入や職業などが...

≫続きを読む

 

小規模個人再生で解決するための条件とは?

法人が経営困難になった時、「民事再生手続を申請した。」と言うのを、テレビや新聞で見聞きしますよね。その手続きを個人にあてはめた、と考えると 最もわかりやすいのが、個人再生なんです。個人再生は2001年に始まった制度なんですが、これは持ち家があってその住宅ローンを支払っている人のための制度とも言われて...

≫続きを読む

 

個人再生でクレジットカードは本当に使えなくなるの?

個人再生をした場合、今まで持っていた クレジットカードは使えなくなるのでしょうか?答えは、イエスです。 クレジットカードは、カード会社に返却する必要があります。なぜなら、クレジットカードの所有権はクレジット会社にあります。クレジット契約の際に渡された約款に書かれている契約解除の事由として、個人再生な...

≫続きを読む