多重債務 相談

どの債務整理が有利なの?選び方のポイントとは?

 

債務整理といっても、実際にはいろいろな種類があります。
代表的なものは、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理です。
それぞれ、どんな特徴があるのかをみてみましょう。

 

「個人再生」
借金が大幅に減額される方法で、財産の差し押さえはありません。
「住宅ローンは継続して支払っていくので住宅は残したい。」
と思っている人には、特に向いています。

 

ただ、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下で、
継続して一定の収入がある人じゃないとこの方法は使えません。

 

返済は、裁判所によって最低弁済額が決められます。
例えば、100万〜500万円なら100万円、
500万円〜1500万円なら借金の20%という具合です。
それを、原則3年間で支払っていくことになります。

 

その支払いを3年間続けると、残りの借金はチャラになりますが、
弁護士費用や裁判費用が高額で、手続きも複雑という欠点もあります。

 

「自己破産」
全ての借金がゼロになる代わりに、財産が差し押さえになります。
財産のうち99万円を超えるものは、全て処分されます。
よって、住宅や車などの高額なものは手放すことになります。
債務者の財産は全てが換金されて、債権者に分配されるのです。

 

債務整理の中では最後の手段といえますが、仕事や収入もなく、
借金が多すぎて、どうにもこうにもならない人には一番いい方法です。

 

 

「特定調停」
簡易裁判所に間に入ってもらって、債権者と債務者との間で
支払い額の減額や和解を求める方法です
調停委員の指導の下、今後の返済条件の合意を決定します。

 

特定調停は任意整理と似ていますが、特定調停は本人が行う手続きで、
任意整理は弁護士や司法書士などが本人を代理して行う手続き
という違いがあります。
特定調停を自分で行う場合は、債権者1社につき1000円ぐらいの
費用で済むので、他の債務整理に比べて非常に格安です。

 

「任意整理」
借金をしている本人と、お金を貸している消費者金融などの間に
弁護士か司法書士が仲介して利息を計算しなおして、
金利を省くなどの方法により借金を減らす方法です。
裁判所は通しませんから、比較的簡単な方法となります。

 

借金の総額もそこまで多くなく、借入件数も少なめという場合には
手続きも早くて簡単に済む任意整理の方が向いているでしょう

 

一般的には、まずは任意整理、それがダメなら特定調停、
それもダメなら個人再生、それでもダメなら最終手段の自己破産
という選択をすることになります。

 

とはいえ、債務者の状況によって、どの方法が向いているかが
違ってきますから、弁護士などの専門家に相談して決定しましょう。

債務整理のメリット・デメリットは?

債務整理とは、今抱えている借金の返済の負担を軽くすることです。 債務額(=借金額)と自身の収入とのバランスで最終的に完済できるか できないかが決まってきます。

 

完済できない債務整理を「自己破産」といい、完済できる債務整理の 代表的なものに「任意整理」があります。

 

債務整理を考えているなら、債務専門の弁護士か司法書士に相談して このまま払いきれるかどうかを判断してもらうことです。 支払いが続けられ最終的に3年以内に完済できそうなら任意整理を、 収入がないなど支払い不能が認められるなら自己破産となるのもやむを 得ません。専門家は最適な方法を選んでくれるはずです。

 

任意整理となった場合のメリット

 

○利息制限法で引き直された債務額を返済するので余分な利息がなく

 

返済した分だけ 確実に残高は減っていきます。したがって完済ま

 

での目途が付きます。

 

○利息制限法で引き直された債務額を返済するので返済すべき金額が

 

減っています。

 

自己破産となった場合のメリット

 

○免責(=責任免除)が許可されれば債務そのものが無くなります。

 

つまり借金が帳消しされるのです。

 

自己破産や任意整理となった場合のデメリット

 

×新規カードの作成やローンやカードの審査が困難になることです。

 

自己破産では7〜10年は信用機関に情報が記載されると言われてい

 

ますので、その間の新規カード作成やクレジット、キャッシングは

 

できません。ローンにおいても同様です。10年たったらできるかと

 

いうと、カードによっては一生使えないものもあります。

 

任意整理などそのほかの債務整理の方法ですと、仮に3年間かけて

 

支払いを続け完済させたとしても、5年間は信用情報に記載されるの

 

でその間の特に新規のカード作成は困難なようです。

 

信用情報に記載されるということは、金融会社からしたら借金踏み

 

倒しの要注意人物とみなされる、ということになります。ですから

 

もうこれ以上お金は貸しませんよ、となるわけです。

 

あくまでも債務者と債権者との間に起こった出来事ですので、人間

 

性ですとか社会性云々といった話ではありません。

 

しかし自己破産となると、官報や本籍地の市町村の破産者名簿に一

 

時的にせよ掲載されてしまいます。一般の人の目に届かないとはい

 

え、社会的信用が薄らぐことは否めません。

債務整理の方法記事一覧

多重債務を解決する4つの債務整理とは?

多重債務などに陥って、債務整理をしたいと思ったら次の4つの方法から選ぶ事になります。1.任意整理2.特定調停3.個人再生4.自己破産1.任意整理任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに金融業者と直接交渉をすることで利息や損害金、毎月の支払い額を 減免してもらう手続きのことです。個人で行っても交渉...

≫続きを読む

 

多重債務者だと住宅ローン審査に落ちるって本当?

住宅ローンの審査の場合、その判断基準は何でしょう?それは、借入額と頭金と年収とのバランスです。詳しくみると、申し込み時の年齢、完済時の年齢、勤務先の勤続年数などが調べられてそれも判断基準になります。後は、返済負担率(ローンの年間返済額÷年収)を算出して、25%〜40%になっているなら大丈夫だとされる...

≫続きを読む

 

個人再生と自己破産はどちらがどれだけ有利なの?

自己破産は私の周りにも何人か経験者がいますのでなんとなくわかりますが・・・個人再生って何でしょう?自己破産との違いは(・・?)どうやら簡単に言うと、自己破産は財産や収入の無い多重債務者向けの手続きで、個人再生は家や財産を所有していたり一定の収入のある多重債務者向けの手続きらしいです。なんとなく『自己...

≫続きを読む

 

個人事業主に向いている債務整理とは?

個人事業主の方が債務整理をする場合は、借金の額が高額になっていることが多いと言われます。個人事業主の方の場合は、個人といっても半分は法人のようなものですから、経営面にかかるお金が大きいからでしょうね。そこは、本当に個人的にギャンブルやショッピングで借金を重ねてしまった人とは、理由が違っていると思いま...

≫続きを読む

 

債務整理がブラックリストで消える期間は何年なの?

債務整理の結果、ブラックリストに登録されてしまって、新たにクレジットカードを作ることが出来なかったり、ローンが組めなかったりすると言われます。ただ、これは永久的に登録されたままというわけではありません。 ある一定の期間が経つと、その登録内容は消えてしまいます。そうなると、新規にクレジットカードを作る...

≫続きを読む

 

取り立てを即座にストップさせる債務整理とは?

借金が返せないような状況に陥ってしまうことは、もともとは自業自得というパターンも案外多いのかもしれません。例えば、ついついギャンブルに大金をつぎ込んでしまったとか、ショッピングをクレジットカードのキャッシングを利用していて、気が付いたら、どんどん使ってしまっていたとか。そんなのは自業自得なんだから、...

≫続きを読む

 

連帯保証人に迷惑をかけないで債務整理できるの?

連帯保証人とはよく聞く言葉ですが、その意味合いは、借金を作った人(債務者)が返済不可能になった場合、 代わりに連帯保証人が返済をするという意味です。ですから、債務整理をする以上、連帯保証人に迷惑をかけてしまうことは避けられません。ただ、お金を借りるときには、連帯保証人がいる場合と、保証人がいる場合が...

≫続きを読む

 

なぜ、多重債務になってしまうのか原因と対策

多重債務に陥ってしまう人は何も特別な人というわけではありません。ずっと勤めると思っていた会社を辞めることになったり、 ちょっと軽い気持ちでクレジットカードのキャッシングをしたり、 普通の人と同じように家を建てたり、保証人になったり…といった ごくごくありふれている事が最初の原因となるのです。消費者金...

≫続きを読む